徳田毅衆院議員の姉含む幹部6人逮捕 徳洲会前理事長の徳田虎雄の関与は?

徳田毅衆院議員の姉含む幹部6人逮捕 徳洲会前理事長の徳田虎雄の関与は?

医療法人徳洲会は東京都千代田区に東京本部と大阪府大阪市に大阪本部を持ち、グループ法人の一般社団法人徳洲会(千代田区)があります。さらに全国に病院・老人ホーム・クリニックなど265の施設を持つほどの大きな組織ですが、今回、これらのグループ法人の幹部6人が、公職選挙法違反で逮捕されました。

逮捕された中には、徳田毅衆議院議員(42歳・自民党)の姉の越沢徳美容疑者(50)も含まれます。

越沢容疑者らは、昨年11月の衆院解散後から投票日前日の12月15日まで、傘下の病院などの看護師や職員を運動員として派遣するよう指示。報酬の支給を約束したうえで、戸別訪問やポスター張りなどに従事させた疑いが持たれている。

(ライブドアニュースより)

衆議院選挙が終わった頃からこの疑惑はありましたが、確信に触れる証拠が出てきたことで今回の逮捕となったのでしょう。当の本人である徳田毅議員は10月の半ばから雲隠れ状態とのことで、無責任だとの声が上がる中どのような釈明をするのか気になるところです。

しかし、徳洲会といえば、創始者で前理事長の徳田虎雄氏の存在が大きすぎて、息子の毅議員の存在はかすんでしまいますが、その徳田虎雄氏の関与はなかったのどうかが一番気になるところです。

徳田 虎雄(とくだ とらお、1938年2月17日 – )は、医療法人徳洲会理事長、医師。元自由連合代表、元衆議院議員(当選4回)、元沖縄開発政務次官。鹿児島県徳之島町名誉町民。

Wikipediaより抜粋

徳田虎雄氏は議員を4期務めていますが、その当時から選挙に関してはグレーな噂がつきまとっていたようで、選挙期間中は選挙区では町が2分されるほどの争いが起こっていたという話があるくらいで、都会で暮らす人には想像がつかない世界です。

当局はこの徳田虎雄氏にも事情聴取したと言うことですが、虎雄氏は10年ほど前から筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患っていて、現在は会話を交わすことも不可能です。

torao意思の疎通は、お付きの人が文字盤を目の前に掲げて、目の焦点が合った文字を読み上げることで伝えている状態です。

この様な状態では、とても経営なんて任せられない感じにも思えますが、最高決定権を持っていて、依然絶大な権力の頂点にあることは間違いないと言えます。

そんな中、今回の公職選挙法違反について徳田虎雄氏がどの程度関与していたのかどうか、今後の進展が気になるニュースです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です