今年のノロウィルス流行をGoogleで調べてみた結果。。。

今年のノロウィルス流行をGoogleで調べてみた結果。。。

ここのところ、ニュースでは国内のあちこちでノロウィルスの集団感染のニュースを目にします。

ざっと、調べてみただけでこれだけのニュースが見つかりました。

  • 1月16日 静岡県浜松市 市内の小学校
  • 1月19日 山形県上山市の温泉旅館で84人がノロウィルスと断定
  • 1月20日 東京都昭島市 中華料理店で客と従業員合わせて28人感染
  • 昨年12月 京都市 病院で職員と入院患者合わせて101人にノロウィルスの症状 4人が肺炎などで死亡

ニュースになるのは、ある程度人数がまとまった感染になりますから、一人二人の感染なら全国レベルでどれくらいいるんだろうと思うと、ちょっと怖いですね。

 ということで、今現在どのくらいノロウィルスが流行っているのかを「検索」してみることにしました。

そんなこと調べられるの? と疑問に思うかもしれませんね。

検索で調べるられるのは、ウェブサイトなどに誰かがアップした情報を後から私達ユーザーが閲覧するものだから、その情報がリアルタイムで起こっているというわけではありません。

ですが、Googleトレンドというサービスを使うことで、あるキーワードがどのくらい検索されているのかが、リアルタイムでわかります。

なので、正確には「ノロウィルス」という言葉がどのくらい検索されていて、その推移がどうなのかを調べていることになります。

それでは、正しいノロウィルスの流行は把握できないと思われるかもしれませんが、Googleではこれまでに「インフルエンザ」の流行の予測を行ってきています。

Googleのサイトから引用させてもらうと。。。

Google では、特定の検索キーワードの検索件数がインフルエンザの流行の指標となることを発見しました。Google インフル トレンドでは、Google 検索の集計データを使用して、世界各地のインフルエンザの流行状況をほぼリアルタイムで予測します。

ということで、かなり正確にインフルエンザの流行をリアルタイムで予測しています。

インフルエンザの流行状況 – google.org

で、Googleトレンドで「ノロウィルス」を調べてみた結果がこちらです。

上記のデータでは2012年10月から今現在までの推移が表示されています。

昨年は、12月中にピークが来て年を越したら急激に収まっているのがわかります。

そして、今年の状況はまさに今がピークでまだ上がっていきそうな感じもします。そして、グラフの高さを見ると去年より流行っている様子も確認できます。

この感じだともうしばらくはノロウィルスに警戒しておいたほうが良さそうですね。

※ノロウィルスの予防はこちらの記事も参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です