風邪の予防にグルタミン

風邪の予防にグルタミン

ここ数年、冬の寒さが厳しいですね。

グーグルでインフルエンザの流行の機材が検索できるサービスがあるのですが、これを見ると、この後グッと増えそうな予感がします。

インフルエンザ流行

このサービスはこちらで確認することができます。インフルエンザ対策の参考にしてください。
http://www.google.org/flutrends/intl/ja/jp/#JP

話は変わりますが、私は今年の夏ころまでは不摂生な生活がたたり、完璧なメタボ体型でした。

引っ越しを機に近くのトレーニングジムへ通うようになって、半年が過ぎましたが、今のところ週に3,4回飽きずに通っています。

少しずつですが、以前の体つきに近づいてきて、それが嬉しくてだんだんとのめり込んで行きそうで怖い今日このごろですが、先月から、プロテインを摂るようになりました。

プロテインと同時に摂取することを勧められたのが「グルタミン」というもので、これもプロテインと同時に飲んでいます。

グルタミンというと「グルタミン酸ナトリウム」と一緒と勘違いされることも多いですが、グルタミン酸ナトリウムはいわゆる化学調味料のことで、「グルタミン」とは全く違うものです。

グルタミンは人間の血液の中に多くある非必須アミノ酸で、筋肉を疲労から回復してくれる働きがあるとされています。

つまり、筋トレで疲れた筋肉を早く回復する目的で、多くのボディビルダーやアスリートたちが摂取しているのがグルタミンというわけです。

ところが、このグルタミンは筋肉の疲労回復の働きがあるだけでなく、胃腸や肝臓にも良い働きがるようで、消化管の粘膜細胞のエネルギー源となり、下痢などの症状を抑えたり、アルコールの代謝を高める働きもあるそうです。

さらに、グルタミンには免疫力を高める働きもあるということで、トレーニー(トレーニングをする人)のあいだでは、激しい運動で体に疲労がたまって一時的に免疫力がさがり、風邪をひきやすい状態になるのを避けるために積極的にグルタミンを摂るようにしているという話もあります。

実際に私はここ1ヶ月ほど飲んでいますが、風邪を引きそうな感じは全くありません。

もっとも私はあまり風を引いたことがないなので、ちょっと参考にならないかもしれませんが、グルタミンを飲み始める前と後では、トレーニング後の筋肉痛からの回復はだいぶ違うのは体感できましたので、免疫力を高めて風の予防に効果があるというのもまんざらでたらめではないように思えます。

グルタミンはドラッグストアでも買えると思いますが、アマゾンが一番安く買えると思います。

ちなみに私が飲んでいるのはこちらの「健康体力研究所」というボディビルダーにはお馴染みのメーカーのグルタミンです。

 味はほとんどしないので、料理などに混ぜて摂る人もいるようですが、私はプロテインと一緒に飲んでます。

風邪の予防や健康管理には1日に5gくらい摂ると良いそうで、風邪を引いてしまったら多めに摂ると治りが早いという話です。

これから流行りそうなインフルエンザの対策として、マスクの他に「グルタミン」を追加してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です