大沢樹生と喜多嶋舞 DNA鑑定の精度に見解の相違

大沢樹生と喜多嶋舞 DNA鑑定の精度に見解の相違

先日、記者会見を開いた元光GENJIの大沢樹生さんですが、会見の中では目に涙を浮かべる場面もあって、血のつながりがないとはいえ、十数年間も一緒に暮らす中で培われた絆を感じずに入られませんでした。

喜多嶋舞×大沢樹生

そもそも、なぜ大沢樹生さんが我が子(と当時は思っていた)との親子関係をDNA鑑定によって、白黒つけようとしたのか疑問に思うところですが、会見の中では、息子が成長するにつれて、自分に似ていないことに加えて、息子の先天的な障害あること、現在の妻が昨年に流産してしまったことなどから、自分の遺伝子に何らかの血管があるんじゃないかと疑問を持ったと語っていました。

しかし、ご子息の先天的な障害や現在の妻の流産は親子間のつながりを確認するためのDNA鑑定とはあまり関係ないんじゃないかと、やや引っかかる部分もあります。

実際に、喜多嶋舞さんサイドでも大沢氏から提供されたDNA鑑定の結果を信用していないようで、当初は相手にされなかったようです。

そこで、大沢さんが「親子関係の不存在」を求める調停を申し立てたことで、現在の泥沼劇に発展したようです。

先に大沢さんの現在の妻が昨年流産したと書きましたが、その後無事に解任したようで、予定では1月中にも現在の妻との間に子供が生まれる予定で、喜多嶋さんとしては、このことで大沢さんが今の息子の籍を抜こうとしていると、考えているようです。

DNA鑑定の精度はどうなの?

そこで、DNA鑑定の精度って実際のところ、どの程度なのかが、気になるところですね。

現在国内には、いくつものDNA鑑定の業者が存在して、郵送で簡単にチェックすることができて、申し込みもネットで行えるようです。

(大沢さんは会見の中で専門機関に息子と行ったと語っていましたが)

DNAの採取は綿棒のようなもので、口の中の粘膜をとるのですが、痛みもなく簡単に行えるようです。よく、アメリカのドラマ(CSIとか)なんかでやっている感じでしょうね。

DNA検査にあたっては、保険証や身分証明書のようなものを提出する必要もなく、1週間位で結果がわかるようです。

このDNA鑑定の料金は安いもので2万円程度でできますが、公的機関へ提出するようなより精密さを求める場合は、65,000円くらいが相場です。

大沢さんがどちらの鑑定を行ったのかは不明ですが、2万円くらいの安い鑑定では、検査方法が正規の手順を踏んでいなかったり、検体の取り違いをすることもあるという話もあります。

このような理由があるからか、喜多嶋舞さんは検査結果を信用していないのかもしれません。

いずれにしろ、このままいけば、再度検査ということになって、どちらかが恥をかくということになりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です