「ふなっしー」とうり二つ「きゃべっしー」に苦情殺到で銚子市対応に追われる

「ふなっしー」とうり二つ「きゃべっしー」に苦情殺到で銚子市対応に追われる

つい先日、CDデビュー後、またたくまにオリコン10位以内にランクインと、とどまるところを知らない船橋市の非公認ゆるキャラの「ふなっしー」のそっくりさんが登場したことで、ネット上で話題になっています。

その名も「きゃべっしー」ということで、名前の通りこちらはキャベツの妖精という設定ですが、問題なのはそのデザイン(姿)です。

これはどうみてもアウトのような。。。

これはどうみてもアウトのような。。。

千葉県銚子市の特産品であるキャベツをPRする目的で、吉本のお笑いコンビ「キャベツ確認中」を「銚子キャベツ大使」として任命するときにこのきゃべっしーが登場しました。

しかし、どこからどう見ても「ふなっしー」の色違いじゃないかという声も多く、数十件のメールや電話の抗議が銚子市に入っているようです。

しかし、今回の件は銚子市は飛んだとばっちりだったようで、銚子市役所の農産課では「銚子市では、特産品であるキャベツについて、芸名にキャベツの名称を使った「キャベツ確認中」にPRしていただくため「銚子キャベツ大使」を委嘱いたしました。」とホームページで釈明しています。

銚子市としては、キャベツをアピールするために「キャベツ確認中」というコンビに「銚子キャベツ大使」をお願いしようとしたら、気を利かせて「きゃべっしー」のキャラを作って来ちゃった。。。という感じでしょうか?

さきほど、銚子市のホームページにアクセスしてみましたが、なっかなか表示されませんでした。相当、アクセスが集中しているんでしょうね。

銚子市役所の皆さん、大変ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です