訃報 歌手の島倉千代子さん死去。死因は?

訃報 歌手の島倉千代子さん死去。死因は?

歌手の島倉千代子さんが8日亡くなったことがわかりました。75歳でした。

「東京だョおっ母さん」や「人生いろいろ」「からたち日記」など、たくさんのヒット曲で知られ、NHKの紅白歌合戦には35回出場し、そのうち30回が連続出場でした。

テレビドラマにも出演し、「積み木くずし」では本人役で出演、また、アニメ「ちびまる子ちゃん」でも声優として本人役を務められました。shimakura

島倉さんは55歳のときに左胸にしこりが見つかり、検査の結果乳癌とわかるが、手術を受け無事成功となり、歌手へ復帰さていましたが、死因がこのときのガンが転移したものかどうか詳細は今のところ明らかになっていません。

死因は肝臓ガンだったようです。

島倉千代子(本名同じ)

1938年3月30日生まれ 東京都品川区出身

12歳でレコードデビュー。19歳で「東京だョおっ母さん」が150万枚の大ヒット、紅白初出場。37歳で保証人になってしまい16億円もの借金を抱える。48歳で紅白歌合戦30年連続30回出場を達成する。55歳で乳がん発覚。61歳で紫綬褒章を受章。

まさに、人生いろいろで波瀾万丈な生涯だった島倉千代子さん。ご冥福をお祈り致します。

なお、死去した日時は現在のところ明らかになっていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です