四足走行ギネス世界記録更新のいとうけんいちは海外で有名だった

四足走行ギネス世界記録更新のいとうけんいちは海外で有名だった

ギネスブックの世界記録にはさまざまな種目がありますが、昨日、100メートルを4足走行で走る大会が世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場で行われ、ギネス世界記録保持者のいとうけんいちさんが、自身の世界記録を更新し、16秒87の記録を出しました。

4足走行の世界記録保持者が日本人だったことをはじめて知りましたが、いとうさんはこれまでにもいろいろなメディアに出ている方なんですね。

まあ、4本足でこれだけ早く走れるなら、バラエティ番組などに出ていたとしても不思議ではありませんが、意外なことに海外でABCニュースを始めたくさんのメディアに登場していました。

「monkeyman ito」で検索するとたくさんでてきます。

なお、いとうさんは記録更新後のインタビューで「去年は17秒台で、今年は16秒台と1秒ずつ記録を縮めているので、7年後の東京オリンピックでは9秒台で走れる。」と語っていましたが、彼の中では本気なのかもしれません。

いとうさんにまつわるエピソードとして、四足走行の練習のため夜、公園で走っていたら(もちろん4足で)近所の小学生の間で、夜に4本足で走る人がでると噂されたそうです。

来年の記録更新が楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です